.... Concept .. コンセプト ....

....

NipponNordic It is a four weeks intensive development lab, during which a maximum of sixteen participants, Japanese and Denmark-based or Scandinavian, will develop universes, prototype concepts and story worlds for animated content, video games and new media devices (AR, VR), that can resonate across Denmark, Japan and beyond.

..

ニッポンノルディックは3週間の集中的なデベロップメントのラボです。

ニッポンノルディックは4週間の集中的な企画制作のラボです。 日本とデンマーク・スカンジナビアから選出された最大16名の参加者が、デンマーク、ヨーロッパ、日本そして世界市場に向けて、アニメーション、ビデオゲーム、ニューメディア・デバイス(AR、VR)のコンテンツの世界観、プロトタイプ・コンセプト、物語などを開発します。

....


.... Territories .. テリトリー ....

....

Endorsed by the Japanese Embassy in Denmark as the official event of the 150th Anniversary of the establishment of Japanese & Danish diplomatic relations, The Animation Workshop ran in 2017 a wide event called Kawaii & Epikku. It aimed to be the first and largest exposition in Denmark about Anime, Manga and 360° productions.

As a part of this wide event, NipponNordic 2017 supported the creative initiatives of its participants, following the global philosophy of Kawaii & Epikku to enhance knowledge and cultural exchanges between the Japanese and Danish/European professionals of the creative industry. This year will continue the successful program in the same innovative mentality.

This Universe Accelerator has been created to develop connections between two countries because of the big potential for more cooperation and coproduction between various territories: There are many examples of Danish commitment to innovation, storytelling and design – from the fairy tale storyteller Hans Christian Andersen to a long list of world-renowned companies and brands of Danish origin, such as LEGO, Bang & Olufsen and Royal Copenhagen.

Denmark (and Europe in general), have a strong animation and games tradition, with, amongst others, a specific strength in producing cost effective 3D feature films. Also, the games industry in Denmark is known to drive innovation on a global scale. Danish game brands include Hitman and, lately, LIMBO and Subway Surfers. All of them are testimonies to Denmark’s industrial traditions, know-how and skill. As the Danish game industry is searching for new markets to penetrate, the Japanese market has become of great interest to Nordic developers, especially since Japan is looking towards Denmark for nordic designed products.

Japan has an old and well-established animation culture, especially in 2D, which has had an immense impact on western markets over the last 20+ years. Western productions, however, have a hard time entering the Japanese market. The potential market is, nonetheless, immense. Moreover, Japan’s industry, is struggling with a lag in 3D animation. Japanese game producers have had a huge impact on the western games industry and the way games are designed. This will establish an even closer collaboration and open up for new innovative ways of thinking about product development in the games industry.

..

日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念の公式イベントとして在デンマーク日本大使館の公認を受けて、アニメーション・ワークショップ(TAW)は2017年に「カワイイとエピック(Kawaii & Epikku)」というイベントを開催しました。「カワイイとエピック」は、アニメーション、漫画、トランスメディアという広範な分野をカバーし、デンマークでこれまでに開催されたことがない規模のエクスポジションとなりました。

ニッポンノルディック2017はこのイベントの一環として、日本とデンマーク/ヨーロッパのクリエイティブ界のプロフェッショナルが互いの経験と文化的交流を深めるという「カワイイとエピック」の基本理念の下、参加者がその創造性をさらに高める場を提供しました。そして今年も同じ革新的な精神に基き、昨年好評だったプログラムを継続する事になりました。

ユニバースアクセラレーターは様々な分野での二国間の交流を深め、コラボレーションの機会を生み出す可能性を発展させる為に企画されました。 デンマークには日本でもよく知られているアンデルセンの童話、レゴ(玩具)、バング&オルフセン(オーディオ・ビジュアル製品)、ロイヤルコペンハーゲン(陶磁器)といったイノベーション、ストーリーテリング、デザインに優れた世界有数の企業やブランドの先例がたくさんあります。

デンマーク(そしてヨーロッパ)には、アニメーションとゲームの根強い伝統があり、とりわけ3DCG長編映画では費用効率の高い制作を行っています。またデンマークのゲーム業界は世界規模のイノベーションで知られています。Io-Interactive社の「ヒットマン(Hitman)」はデンマークを代表するゲームであり、Playdead 社の「LIMBO(リンボ)」、SYBO Games社のモバイルゲーム「Subway Surfers(サブウェイ・サーファーズ)」も世界的にヒットしています。これらはデンマークのゲーム界の伝統、ノウハウ、技術力の好例です。デンマークのゲーム業界が新たに参入できる市場を求めている中、北欧のデザイン製品に高い関心を抱く日本は北欧のゲーム開発者にとって魅力的な市場なのです。

日本には特にセルアニメーションの分野で古くからの根強いアニメーションの文化があり、そのアニメーション作品はここ20年以上の欧米文化に大きな影響を与えてきました。欧米の制作会社にとって日本は参入し難い市場ですが、市場規模に巨大な可能性が秘められている事は確かです。日本は3DCGアニメーションの商業作品では遅れを取っているものの、日本のゲーム開発者は欧米のゲーム業界とゲーム開発手法に大きなインパクトを与えてきました。 日本とデンマークは業界間でより緊密な協力関係を築き、革新的なゲーム開発の方向性を見出していけるのではないでしょうか。

....


.... Objectives .. 目的 ....

....

On the final day of the lab, what will be the first day of Viborg Animation Festival (VAF), the participants will pitch their projects to a jury composed of key players from the Japanese and the European animation, new media and game industries, who will have the duties to reward some of them. The best projects will get the opportunity to access major events throughout Japan and Europe to be presented again in front of buyers of the industry, thus giving them an extra chance to reach the market. NipponNordic aims to spark and ensure the continuous development of original, high quality animation / cross-media or game content, which can resonate both artistically and commercially in the markets of Denmark, Japan and hopefully beyond. To address the complementarity of those markets, and highlight partnerships and co-productions as viable alternatives to the subcontracting practices, which are a challenge for the creative industry in the era of globalization.

NipponNordic is running for the second year in order to insure the continuity of lasting relationships between the two territories. However, the participants of NipponNordic 2017 won’t come back automatically in 2018, but even though could apply a second time as a candidate with a project.

..

ニッポンノルディックはヴィボー・アニメーションフェスティバル(VAF)開催初日に最終日を迎えます。日本とヨーロッパのアニメーション、ニューメディア、ゲームの各業界から実績ある審査員を招くピッチセッションで、参加者は各自のプロジェクトをプレゼンします。審査員が優れたプロジェクトを選び、日本とヨーロッパの主要な業界イベントでバイヤー向けプレゼンをする機会が与えられます。ターゲット市場に近づく、もうひとつのチャンスとなるでしょう。

ニッポンノルディックの目的は、デンマーク、日本、さらに世界市場で芸術的にも商業的にも認められる、独創的で質の高いアニメーション、クロスメディアコンテンツあるいはゲームの企画開発を促し、その流れを継続させることです。 更にグローバル時代のクリエイティブ産業が下請け体質から脱却する為の代替システムとして、両業界が相補いながら、パートナーシップや共同制作の機会を増やして行く事を目指しています。

ニッポンノルディックは、日本とデンマークの関係を確かなものとするために、2017年と18年の2年連続で実施します。但し2017年の参加者は引き継ぎではなく、2018年も参加を希望する場合は再応募となります。

....