.... Program .. プログラム ....

....

Through an introductional week of masterclasses given by renown experts of the World building, a pitch training day and a workshop to practice in group the learnings of the first days, the participants will take part of an intensive program to help them to start the developement of their own projects efficiently, with new knowledge and prospective. This first week will be the unique occasion to spend time with the other participants, work together, learn to know each other, and share ideas. It's an optional week that The Animation Workshop invite to take part of. The following two weeks are organised with daily individual follow-up by skilled and experienced mentors for each participant, and a full access to the studio and the individual workstations shere they will create their own, original concepts that are ready for the final stages of development. That includes the creation of a one pager, and a presentation package. Likewise for the game projects which will develop a prototype to illustrate the final game. The last week will give the opportunity to the participants who wish to polish their projects, to extend their stay and work in the studio for extra days. This last week is also optional.

Objectives:
The participants will get the opportunity to work in a very supportive environment and structure at The Animation Workshop’s and Arsenalet's facilities in Viborg (Denmark), encouraged and inspired by professional consultants from the media, game and animation industry.


Through workshops and lectures, pitching sessions, one-on-one exchange sessions, the participants will give each other feedback, approach each other for collaboration and influence one another, such as it has been successfully made during NipponNordic 2017.

..

参加者は本年9月にデンマークのヴィボー市に滞在し、 アニメーション・ワークショップ(TAW) の多文化的でクリエイティブな環境で、各自の世界観、ストーリー展開や企画書をデベロップメントできます

9月3日~9日(1週目)
海外レジデンス初心者向け有料オプション・プログラム( World Jam とWorld Building Workshop )。ヨーロッパの業界で活躍する講師がデベロップメントに役立つ講義やピッチ準備トレーニングを行います。

9月10日~21日(2・3週目)
基本レジデンスで、参加者はそれぞれの企画をデベロップメントします。1-pager(ワンページャー)とプレゼンテーション・パッケージを作成します。ゲーム企画であればプロトタイプ作成も可能です。

9月24日~30日(4週目)
9月24日のピッチセッションで、参加者は企画をプレゼンします。同時開催のヴィボー・アニメーションフェスティバルに集うプロや、ニッポンノルディックのピッチ審査員が各企画を評価し、個別ミーティングで市場投入に向けたアドバイスなどを行います。ピッチで優秀プロジェクトに選ばれると、提携する映画祭やコンテンツマーケットでさらにピッチが行えます
レジデンスの延長を希望する参加者は9月30日まで延長でき、企画のブラッシュアップを図れます。

※ 最短のレジデンス期間は9月10日~24日の15日間です

■ ニッポンノルディック2018、充実した作業環境とメンター制

参加者はデンマークのヴィボー市に所在するアニメーション・ワークショップ(TAW)Arsenalet(アーセナレット)充実したサポートと必要な機材が完備された環境で作業ができます。 2012年に設立したアーセナレットはアニメーション、ゲーム、ニューメディアコンテンツの事業化を支援するインキュベーションセンターです。 これまでにそこで起業し、成功している制作会社には、世界歴代ダウンロードランキング4位/2017年のダウンロード数1億9000万のモバイルアプリ 「Subway Surfers」のSYBO Games、オスカーノミネート作『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』をトム・ムーア監 督と共に制作したNørlumがあります。
ヴィボーでは、アニメーションやゲーム分野で起業するディレクターやプロデューサーが続々と出ています。

ニッポンノルディック2018はメンター制を導入します。 アーセナレットのエキスパートやヴィボーで起業したプロデューサーらがメンター(相談相手、助言者)として参加者を支援します。 アーセナレット内に参加者それぞれの作業スペースが設けられる予定で、参加者は常にメンターやアーセナレットの起業家、クリエイターと接しながら、独自のアイデアをさまざまな市場に向けた企画にまとめられるでしょう。
オンラインゲームの事業化を支援する、Arsenalet Game Incubation(アーセナレット・ゲーム・インキュベーション)もあり、参加者の企画のゲーム化への助言や支援を行えるエキスパートが常駐します。

同じ敷地にあるTAWは学生や講師、オープンワークショップ(アーティストインレジデンス)のアーティストらの半数が外国人という多文化、国際的な環境で、TAWに集うプロたちとの交流も大いに刺激となるでしょう。

....